GLOSSY

ITライフハック

「Excel」や「PowerPoint」などオフィス系のデータから簡単に「画像データを抽出」できる裏ワザ!

5

「Excel」「PowerPoint」などオフィス系のデータから「画像データだけを抜き出したい…」と困った経験はありませんか?

実は、超カンタンに画像データだけを抽出できるテクニックがあるんです。
特殊なスキルやソフトウェアは必要ありませんので、誰でも使えるテクニックとなっています。

それでは早速解説に入りましょう。

画像データを簡単に抽出する方法

※今回は、「Word(.docx)ファイル」の場合で解説します。
他の形式のファイルでもおそらく実行可能ですので、一回試してみてください。

1. まずは対象のデータを用意

抽出したい画像があるオフィス系のデータを用意します。拡張子は「.docx」「.ppt」など。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-52-10

2. 拡張子を「.zip」に変更

データの上で右クリックし、「名前の変更」を選択。拡張子(.docxや.pptなど)を「.zip」に変更します。

例:test.docx → test.zip

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-56-19 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-56-32

※拡張子が表示されていない場合はこちらを参考にしてください。

3. そのままデータを解凍する

.zipに変更したデータをダブルクリックし、解凍します。

すると新しくフォルダが作成されるので、その中にある「word」→「media」と進んでいくとデータ内に埋め込まれていた画像を発見することが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-22-01-04

4. 画像を取り出し、拡張子はもとに戻す

3.で発見した画像を任意の場所にコピーすれば画像データの抽出は完了です。

最後に、「.zip」を変更前の拡張子に戻してあげましょう。
こうすることで、またオフィス系のソフトウェアで開くことが可能になります。

例:test.zip → test.docx

ソフトいらずで簡単抽出!

なんとも単純な方法で画像データを抽出することが出来ました。

データの種類やパソコン環境によっては上手く出来ないかもしれませんが、手動でオフィス系データから画像を引っこ抜く前にダメ元で試してみてください。

これで画像がオフィス系のデータで支給された時でもスグに準備することが出来ますね。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop