ITライフハック

悪用厳禁!Webサイトに自動入力されたパスワードを確認したいときに使えるテクニック

2

最近のブラウザはパスワードが保存されていた場合、Webサイトの入力フォームに自動的にパスワードが入力されますよね。

その時入力される文字列は「●●●●●●」といった具合に伏せられて表示されるのですが、この伏せられたパスワードの文字列をうっかり忘れてしまったので確認したい…という時に使えるテクニックをご紹介します。

ただし、他人のパスワードを表示させて利用する行為は犯罪なので、絶対に行わないようにしてください。あくまで、自分が忘れてしまったパスワードを確認するときだけ利用するようにしましょう。

確認方法

まず、確認したいパスワードがあるWebサイトをブラウザで開きます。
※ブラウザはGoogle Chromeで紹介していますが、他のブラウザでも似たような手順で実行可能です。

pw_01

次に、「●●●●●(パスワード部分)」の上にマウスカーソルを乗せ、右クリックし表示されたメニューから「検証(要素の検証)」をクリックします。

pw_02

すると、開発者ツールが起動しWebサイトのソースコードがずらっと表示されるので、先ほどマウスカーソルを乗せたパスワード入力フォームが選択されていることを確認してください。

pw_03

選択されたソースコードの中にある、「type=”password”」という箇所をダブルクリックし、編集できる状態にします。

pw_04

編集できる状態になったら、「type=”text”」に変更してエンターキーを押します。

pw_05

すると、「●●●●●」と伏せられていたパスワードが「テキスト形式」で表示されます。

pw_06

以上の手順で、伏せられたパスワードを確認することが可能です。
そのままパスワードをコピーすることもできますので、忘れないうちにメモっておきましょう。

パスワードの表示中は、他の人に見られないよう慎重に行ってください。

パスワードの自動保存機能を過信しないように

万が一の時に便利なこのテクニックですが、ブラウザに保存されたパスワードは伏せてあろうが上記の方法のように簡単にパスワードを確認できてしまいます。

本当に重要な情報などは、多少面倒でもブラウザのパスワード自動保存機能を利用せず、別の記憶方法をとったほうが安全です。

また、何度も書いていますが、このテクニックを使って他人のパスワードの情報を表示させて利用する行為は犯罪ですので、絶対に行わないようにしてください。

※当記事は、犯罪行為を助長するような記事ではございません。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop