WEBサービス

人間の顔を自動解析し、モザイク処理をしてくれるWebサービス「Facepixelizer」

2

プライバシー保護のために顔写真にモザイクを掛けることはよくありますが、いちいち画像編集のアプリを使って処理するとなると大変です。

今回ご紹介するWebサービス「Facepixelizer」を使えば、なんと画像の中にある「人の顔」を自動で解析・検出しモザイク処理を実行してくれます。

画像をアップロードしてボタンを押すだけなので、非常に楽ちんです。

「Facepixelizer」について

Facepixelizer | Pixelate – Blur – Anonymize | Free Online Image Editor
https://www.facepixelizer.com/

pie01

基本的にはモザイク処理をしたい画像を「Drop Image Files Here」にドラッグ&ドロップし「モザイクのパターン」を選択するだけ。設定項目を見てみると、トリミングや手動でモザイクを掛けられる機能もついているようです。

YouTubeにチュートリアル動画がありますので、合わせてどうぞ。

実際に使ってみた

こちらの人物画像をお借りし、実際に「Facepixelizer」を使ってみました。

pak141221220i9a4947_tp_v

クールいいね! [モデル:大川竜弥]- ぱくたそ

まずは画像をドラッグ&ドロップ

画面の右側、「Drop Image Files Here」と書かれたエリアに画像をドラッグ&ドロップでアップロードします。

pie02_1

「Face Detection」よりモザイクのパターンを選択

画像のアップロードが完了したら、左側にある「Face Detection」からモザイクのパターンを選択します。パターンは全部で3種類ありますので、お好みのパターンを選択しましょう。

capture-2016-12-18-12-12-09

今回は一般的な「Pixelize」を選択してみました。

しばらく待つとモザイク処理済み画像の完成

たったこれだけの手順で、モザイク処理済み画像の完成です。
しっかりと顔の部分だけにモザイクがかかっていることを確認できると思います。

pie02

素晴らしいですね。

モザイク処理がうまくいかないときは「手動」で

万が一、自分の思うようにモザイクが掛からなかった場合は「Selection Effect」から「Manual」を選択しましょう。

選択後、画像の上でモザイクを掛けたい箇所に「ドラッグ」で範囲を指定してあげれば、手動でモザイク処理を行うことが可能です。

pie03

モザイクの大きさなども細かく設定することが可能です。

専用アプリや知識も必要ない「Facepixelizer」の素晴らしさ

非常に簡単な操作でモザイク処理済み画像を作成できる「Facepixelizer」

シンプルな機能とインターフェース、自動解析によるモザイクの追加、うまく処理できなかった場合のフォローバックなど素晴らしい性能ですが、なにより特筆すべき点は「ブラウザ上で作業を完結できること」。

一昔前では考えられないくらい便利なWebサービスが出てくる時代になりましたね。

画像のモザイク処理で困った際はぜひ「Facepixelizer」をお試しください。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop