WEBサービス

Amazonがついに「2段階認証」を導入。より安全にショッピングを楽しめるように

2

ついに国内のAmazonにも「2段階認証システム」を導入されたようです。

Amazonのアカウントは、クレジットカード情報をはじめ住所や購入履歴など個人情報の宝庫。アカウントの乗っ取りなど、ハッキング被害にあってからでは遅いのです。

サービスを頻繁に利用しているユーザーは早めに設定することをオススメします。

「2段階認証システム」とは?

サインインのたびにセキュリティコードの入力が必要になる設定

この設定が必要な理由
複数のサイトで同じパスワードを使用している場合など、パスワードが第三者に知られる可能性があります。2段階認証を設定することで、万一パスワードが第三者に知られた場合でもアカウントを保護することができます。

Amazon 高度なセキュリティ設定

通常のログイン方式だと、アカウントIDとパスワードを入力するだけでログイン可能ですが、この「2段階認証」を設定することにより、ログイン時に毎回「セキュリティコード」と呼ばれる数桁の番号入力を求められるようになります。

つまり、通常のログインを突破されたとしても、次の認証段階で毎秒変動する番号を正確に入力しないといけなくなるので、通常のログイン方式よりもセキュリティがグッと強くなるというわけですね。

2段階認証の設定方法

実際にこちらのページの指示に従い、設定してみましょう。

1.  「設定を開始」をクリック

「高度なセキュリティ設定」ページにアクセスしたら、すぐ右側にある「設定を開始」ボタンをクリックします。

2. 認証コードの受取方法を選択

セキュリティコードの受け取り方は2種類の方法から選べます。

テキストメッセージでは、登録した電話番号宛にSMSでセキュリティーコードが送られてくるように設定できます。SMSアプリは標準でインストールされていることが多いので、通常はこちらの方法で問題ないはずです。

認証アプリでは、インストールすることでセキュリティーコードをアプリ側で生成することが出来ます。電話番号が使えない端末はこちらを利用するようにしましょう。

メインとなる認証方法を選択したら、続けてバックアップ用の認証手段も設定する必要があります。
同じ認証方法は利用できないので、別の端末の電話番号を登録するか、メインで選択した認証方法とは異なる認証方法を設定しましょう。

3. 例外設定を行う

毎度毎度入力が大変だ、という方向けによく使う端末はセキュリティーコードによる認証をパスすることが可能です(あまりオススメはできませんが…)。

4. 設定完了

以上で「2段階認証」の設定は完了です。

解除はいつでも可能なので、もし認証にストレスに感じるようだったら解除するようにしましょう。

自分の身は自分で守る

Amazonの場合は特に、不正にログインされた自分のアカウントで高額な買い物をされてしまったり、クレジットカード情報を抜かれたり、住所や氏名など個人情報を見られたりと、ハッキングされたら最後、大規模な被害が容易に想像できるWebサービスです。

この記事を読んでいる今にも、世界中ではアカウントへの不正アクセスが行われていることでしょう。

数秒の手間ではありますが、不正ログインされる可能性を抑えることが可能な「2段階認証システム」
くどいようですが、導入をオススメします。

何かあってからでは遅いですよ。

重要なアカウントには「パスワード生成ツール」を利用して超強力なパスワードを設定しよう

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop