WEBサービス

海外の通販サイトで役立つ!国内の住所を海外仕様に変換してくれるサイト「JuDress」

1

海外の通販サイトを利用した際、お届け先の住所は英語で入力しないといけない場合があります。そういうときは、国内の住所を海外仕様に変換してくれるサイト「JuDress」を利用すると簡単に調べることが可能です。

住所→Addressに変換してくれる「JuDress」

JuDress | 住所→Address変換
http://judress.tsukuenoue.com/

JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。
実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

国内の住所を入力すると、海外仕様の住所(Address)に変換してくれるサイトです。機能としてはシンプルで使いやすいうえ、デザインも凝っており可愛らしいです。

使い方

日本語で説明が書かれているので必要ないとは思いますが、念のため。

まずは「郵便番号」の箇所に変換したい郵便番号を入れ、右の「住所検索」を押しましょう。
自動で郵便番号から住所を挿入してくれるので、残りの情報(番地やマンション名など)を手動入力します。

入力が完了したら左側の「実用的に変換」をクリックしましょう。

変換結果が下の欄に出力されますので、コピペして使用しましょう。

ちなみに右側の「Stylishに変換」をクリックすると・・・。

何やらスタイリッシュな文字列に変換されます(住所が英単語に変換されているようです)。

当然ジョークなので実用的に使う場合は間違えて使わないようにしましょう(笑)

Address入力画面で困ったときに

海外の通販サイトだけでなく、Webサイトや名刺、書類などに住所→Address表記を掲載したいときにも使えるサイトですね。

Android版のアプリもあるみたいなので、入れておくといざという時に役に立つかもしれません。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop