ITライフハック

YouTubeを見ながら寝落ちしてしまう人必見!iPhoneのタイマー機能を使って自動スリープさせよう

2

夜遅くにYouTubeを観ていてそのまま寝落ちしてしまい、朝になってiPhoneのバッテリーが切れていることに気付く…なんて経験はありませんか?

YouTube公式アプリの場合、厄介なことに動画が再生されている間はiPhoneの自動スリープ機能が無効化されてしまいます。

電源ONのままの長時間放置はバッテリーはもちろん、ディスプレイにもダメージを与える可能性があるので、
よく寝落ちをやってしまう方は今回ご紹介する「“タイマー機能” を利用した自動スリープ」をぜひお試しください。

タイマー機能を利用した自動スリープの設定方法

iPhoneに最初からインストールされている「時計」アプリを起動します。

アプリが立ち上がったら、画面下部のメニューの一番右端にある「タイマー」をタップし、
タイマーの設定画面を開きましょう。

「タイマー終了時」の動作が「再生停止」になっていることを確認し、自動スリープを実行するまでの時間を設定します。

※「タイマー終了時」の動作が「再生停止」以外に設定されている場合は、「タイマー終了時」のエリアをタップして「再生停止」の項目を設定してください。下記画像のように、最下部に配置されています。

設定が完了したら「開始」ボタンを押してタイマーをスタートさせます。

今回は3分で設定してみました。

これで、例えYouTubeで動画を再生している場合でも、タイマーで設定された時間になると
強制的に動画の再生を停止し、ロック画面に移行後そのまま自動的にスリープさせることが可能です。

たったこれだけの手順で、電源ONのまま放置されるという事態を回避することができました。

朝起きたときのやっちゃった…をなくすために

今回ご紹介したこの「自動スリープタイマー」ですが、YouTube以外にも「ミュージック」アプリなどメディアを再生するようなアプリ全般に対して有効なテクニックです。

設定方法も簡単なので、よく寝落ちしてしまう方はぜひご活用ください。

また、iPhoneの「時計」アプリ自体かなり優秀なので、「タイマー」以外にもひと通りの機能を試してみることをおすすめします。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop