アプリ

iPhoneで、Google Drive上にあるMP4やMP3など様々なメディアファイルを再生する方法

15

無料で大容量のオンラインストレージを利用できる大変便利な「Google Drive」ですが、純正の「Drive」アプリではiPhone上で保存しているMP4やMP3といったメディアファイルを開けないことがあります。

そんな時は、「GDrive for Google Drive」というアプリを使ってみましょう。

「GDrive for Google Drive」とは?

主な特徴

Google Driveに保存されているデータにアクセスできるアプリですが、純正の「Drive」アプリよりもメディアファイルの再生に特化しています。

もちろん、ファイルの管理機能なども充実しており、中には純正アプリよりも使いやすいという声も。

  • Googleドライブに簡単にアクセス
  • アップロード、コピー・移動・削除などはもちろん、見やすいソート機能付き
  • ローカルフォルダにファイルをダウンロードし、オフラインでも閲覧可能
  • 複数のGoogleアカウントをサポート
  • アカウント自動ログイン

screen696x696

再生可能なメディアファイルのフォーマット

「GDrive for Google Drive」が再生可能なメディアファイルは以下のとおりです。

PDFリーダー:

大型のPDFファイルでも快適にブラウジングできます。
アウトライン、ブックマーク、ページサムネール、注釈リンクなどをサポート。

ドキュメントリーダー:

Microsoft Office:Word、Excel、PowerPoint文書をサポート。
iWork:Pages、Numbers、Keynote、プレーンテキスト、RTF(リッチテキスト形式)、HTMLおよびWebアーカイブをサポート。

フォトギャラリー:

JPG、PNG、TIFFをサポート
スライドショー形式で再生することができます。

音楽プレーヤー:

MP3、AAC、AIFF、WAVをサポート。

ビデオプレーヤー:

H.264エンコードされたMOV、MP4、M4V、MPVをサポート。
AirPlayにも対応しています。

その他:

その他、Zipファイルの中身を展開できたり、PSDやAIファイルといったデザインデータも再生させることができる優れものです。

screen696x696_2

「GDrive for Google Drive」 インストール手順

1. App Storeより、「GDrive for Google Drive」をダウンロードしてインストールしましょう。

Capture 2016-08-06 21.30.22

ダウンロード: GDrive for Google Drive

2. GDriveを起動し、右上の「+」ボタンをタップして自分のGoogleアカウントを追加します。

3. トップ画面に自分のアカウントが追加されたら、タップしてDriveへ移動します。

asset

4. 再生したいメディアファイルをタップすると、データのダウンロードが開始されます。
しばらくするとメディアプレーヤーが立ち上がりその場で再生可能です。

asset (1)

ファイル管理なども行えるシンプルで使いやすいアプリ

メディアプレーヤーとして使うのも一つの方法ですが、このアプリ自体結構使いやすいアプリなので、Drive内のファイルの管理であったりiPhoneからのアップロードであったり簡単に行うことが可能です。確かに、純正のGoogle Driveアプリよりも使いやすい部分は見受けられますね。

あと、地味にZIPファイルの中身を展開できるのがありがたいところです。
便利なアプリなのでぜひ使い倒してみてください。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop