ITライフハック

ブルーライトを軽減してくれるアプリ「f.lux」や「Night Shift」機能を使って目への負担を減らそう!

1

PCやスマホの画面から発せられる「ブルーライト」は、目の痛みや疲れの原因になったり、睡眠の妨げになったりしますよね。今回は、身体への負担を少しでも減らすために今スグにでもできる「ブルーライト軽減アプリ・テクニック」をご紹介します。

普段から長時間PCを使いデスクワークをしている人、夜な夜なスマホを見てしまいがちな人は必見です。

ブルーライトとは?

具体的にどういった影響があるのかを調べてみました。

ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中でも、380~500nm(ナノメートル)の波長の光で、網膜まで届くエネルギーの強い光を指します。

今のテレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面にはLED(発光ダイオード)がバックライトとして使用されていることが多いため、ブルーライトを強く発生させています。このブルーライトは、エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間デジタル機器を使用すると視界のチラつきやまぶしさを感じさせる原因のひとつになるといわれています。それにより、目の疲れや生体リズムへの影響、あるいは頭痛などの症状に発展する可能性が考えられています。

Zoff PC – ブルーライトとは より引用

PCやスマホの普及による現代病の一種ですね。完全に防ぐことはできなさそうですが、対策方法は色々とありますので自分にあったものを選択するとよいでしょう。

「ブルーライトカットメガネ」などを使うのも良い方法ですが、次にご紹介する対策方法は“無料で今スグにでもできる”ものなので、ぜひお試しください。

「f.lux」アプリを使い軽減する(Windows/Mac)

ディスプレイ自体からブルーライト要素を軽減させようという発想で生まれたアプリ「f.lux」を使えば、簡単にお使いのPC画面をブルーライトカット仕様に変更することができます。Windows/Mac OSの両バージョンに対応。

flux

f.lux: software to make your life better

使い方

※Mac版で解説しますが、Windowsも基本的に同じ使い方です。

「f.lux」をインストールしたらアプリケーションを実行しましょう。実行後、タスクバーに「f.lux」のアイコンが追加されるので、クリックして「Performances…」項目を表示します。

flux_ss01

上記のような設定画面が開きますので、設定する項目は「Location」の部分。ここに自分の現在地情報を入力しておくことで、日没時刻になると自動でブルーライト軽減を実行してくれるのです。これで昼間は通常の状態で作業に集中でき、徐々に影響が出始める日没頃にはブルーライト軽減効果により目への負担を減らすことができます。

その他、画面の色が気になるという方は「Lighting at night」という項目から調整できたり、1時間かけてゆっくり画面の色を変化させたい場合は「Transiton」を「Slow」に設定しましょう。

このアプリを使い始めた最初のうちは抵抗がありますが、徐々に慣れてきて効果を実感できると思います。

「Night Shift」機能を使い軽減する(iOS9)

ブルーライト軽減機能は、iOS9の場合すでに「Night Shift」機能として搭載されています。Androidは次期バージョンである「Android 7.0」で搭載される予定だそうです。

「Night Shift」の設定方法は、「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」から。

flux_ss02

「時間指定」の項目でNight Shiftモードへ移行するタイミングを設定できたり、「色温度」の項目で色の調整を行うことも可能です。自分の利用時間や環境に応じて調整するとよいでしょう。

これで寝る前にスマホを触った場合でも、目への負担を減らすことができます。

ブルーライトが無くなるその日まで

いかがだったでしょうか。とりあえずよくPCやスマホを使い方は今スグにでも試していただきたいです。「ブルーライトカットメガネ」と併用するとブルーライトをより軽減することが出来るかもしれません。

いつかはブルーライトが無くなる日も来るのでしょうか…。うーん、はやく気て欲しいですね。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop