GLOSSY

ソフトウェア

【Android】悪質なアプリをインストールしないために…気を付けるポイントや「アプリの権限」について知っておこう

2

「無料」なんて甘~い言葉に惑わされて何でもかんでもアプリをインストールしていると、いつか痛い目を見るかもしれません。スマホは個人情報の塊ですので、当然それらの情報を狙った悪質なアプリが存在します。もしそれらの情報が丸ごと抜き取られネット上に流出でもしたら…考えるだけでも恐ろしいですね。

今回は、そういった事故を未然に防ぐためにもAndroidをご利用の方向けに気を付けるポイントをいくつかご紹介します。

1. アプリ権限を確認しよう

てっとり早く悪質なアプリかどうかを判断するためには、そのアプリの実行権限を確認するとよいでしょう。

アプリをインストールする前に、「アクセスを許可」の項目にある「詳細を表示」をタップしてみましょう。するとそのアプリが必要とする「権限」が一覧で表示されます。

app_01.png

上記のアプリの場合、「メッセンジャー」アプリなのでアカウントの読み取りや連絡先の検索は別に不思議ではありません。

ですが、例えば「ライトを点灯させる」アプリなのに実行権限にアカウントの読み取りや連絡先の検索が含まれていた場合、ライトを点灯させるだけなのになぜ必要なのか?と疑問に思いますよね。おそらくそういった場合は、表向きは「ライト点灯」アプリで、内部的にはしっかり個人情報を抜いている悪質なアプリな可能性が高いです。

なので、このアプリ怪しいなと思ったらまずは「権限」を確認し、ありえない権限を要求するようでしたらインストールを踏みとどまったほうがよいでしょう。

2. 開発元が信用できるかどうか

アプリのインストール画面には開発元の名前や企業名が表示されます。この開発元が有名どころであれば特に心配することはありませんが、聞いたことも見たこともないような開発元だった場合はいったんインストールを踏みとどまって、Googleで検索してみてください。

app_02

十分に信用できる開発元であればインストールしても問題ないですが、ヤバそうであれば見送ったほうがよいでしょう。

3. Google Play以外のアプリ(野良アプリ)を避ける

基本的にアプリはGoogle Playからインストールするものですが、Androidは「APKファイル」というアプリデータを直接インストールすることでGoogle Playを介さずともインストールすることが可能です。Google Play以外のサイトで配布されている「APKファイル」のことを「野良アプリ」と呼び、これら野良アプリは大変危険なアプリである可能性が高いので、インストールは極力避けたほうが良いです。

というのも、Google Playを介さなければ最初にお話しした「権限の確認」もできませんし、仮にアプリ名が「有名なアプリの名前」だったとしても中身が改造され悪質な機能が盛り込まれている場合もあります。

4. 少数レビューはあまり信用しない

大勢のユーザーによるレビューは悪質なアプリか否かの判断材料になりえますが、少数ユーザーのレビューは「サクラ」の可能性が高いのであまり信用しないほうがよいでしょう。

5. カタコトな日本語に注意

悪意のあるアプリで多くみられる共通点として「カタコトな日本語」があります。怪しい迷惑メールなどと一緒で、海外の業者が適当に機械翻訳している場合が多いです。不信感は抱くものの、日本語が怪しいからというだけで悪質なアプリと決めつけることは難しいので、あくまで参考程度に覚えておいてください。

安易にアプリをインストールしないことが大切

以上、悪質なアプリからスマホを守るために気を付けるポイントのご紹介でした。基本的に「権限」さえしっかり確認しておけば、悪質なアプリのインストールを未然に防ぐことができる場合が多いです。

文章や画像などの情報だけで判断せず、アプリをインストールする際は常に慎重になりましょう。もう一度言いますが、スマホは「個人情報の塊」です。情報が流出した場合、自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

自分のスマホは、自分で守りましょう。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop