アプリ

通知センターに天気予報を追加していつでも天気をチェック!「Yahoo!天気」アプリの便利な活用法

1

おなじみ「Yahoo!天気」アプリですが、通知センターにウィジェットとして配置することでロックを解除せずに天気予報を見れたり、登録した地域の6時間先の雨雲の動きをプッシュ通知でお知らせしてくれたりと便利な使い方が多く存在します。

今回は、そんな「Yahoo!天気」アプリの便利な設定方法を少しご紹介したいと思います。

通知センターに追加してロックを解除せずに確認

iPhoneの場合、通知センター(画面上部を下へスワイプすると出てくる画面)へ天気アプリをウィジェットとして配置することが可能。これにより、ロックを解除せずとも天気予報を確認することができるのですぐに天気予報を確認したい時に便利です。

ウィジェットとして追加する方法は、まず通知画面を表示させ、下部にある「編集」をタップします。

asset

するとインストールアプリでウィジェットとして追加できる項目が一覧で表示されますので、「天気」という項目の左側にある「+アイコン」をタップします。

asset (1)

タップ後、上の段に「天気」項目が移動します。この段階でウィジェットとして通知センターに「Yahoo!天気」を表示させることが可能です。表示位置も変更することもできますので、項目の一番上に設置しておくとスムーズに確認することができると思います。

asset (3)

通知センターに「天気」のウィジェットが表示されました。

asset (4)

雨雲の動きの予測をプッシュ通知で受け取る

アップデートにより追加された機能の一つで、6時間先の雨雲の動きを予測してプッシュ通知で受け取ることが可能になりました。雨が降る前に通知してくれるので、傘を忘れることが少なくなりますね。

設定方法は、「メニュー」→「アプリの設定」→「プッシュ通知の設定」→「雨雲接近の通知」→「通知する」をONにします。

通知する地域や、時間帯なども細かく設定可能です。

asset (5)

天気予報をより身近なものに

雨雲接近のプッシュ通知は画期的な機能ですね。この機能により、どのタイミングで出かければ雨に当たらずに済むか、傘を持って行くべきかどうかを判断する材料になります。

もちろん「Yahoo!天気」アプリ単体でも、豊富な機能により様々な天気の情報を得ることが可能なので、うまく使いこなして天気予報を身近なものにしましょう。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop