ハードウェア

PCの空き容量がピンチ!効率よくハードディスクの空き容量を確保する方法5つ(Win/Mac)

1

買った当初はハードディスクの空き容量が500GBだったのに気づいたら30GBになっていた…。
空き容量を増やそうと思ったけどなかなか減らない…。

上記のような問題はPCを使っていれば誰でも経験することだと思います。

今回は、手っ取り早くHDDやSSDの空き容量を増やす方法を5つご紹介しますので、参考にしてみてください。

まずはデータをバックアップする

hard-drive-656122_640

まず最初に行うことは現状のデータのバックアップです。これからご紹介する方法はPC上のデータを直接操作しますので、いつでも元に戻せるようにしておきましょう。

Windowsのバックアップ方法

Windowsのおすすめバックアップ方法は、標準機能である「回復イメージの作成」です。下記サイトにて詳しく解説されていますので、手順通りにイメージディスク作成しましょう。

Windows 10を完全バックアップするたった1つの方法

Macのバックアップ方法

Macのおすすめバックアップ方法は、こちらも標準で搭載されている「Time Machine」アプリを使用する方法です。データをそのまま日付ごとにバックアップでき、任意の日付のデータ状態に戻すことが可能です。詳しくは公式サポートをご確認ください。

Time Machine で Mac をバックアップまたは復元する方法

1. アプリを使って空き容量を増やす

まずは定番の方法から。「CCleaner」「AppCleaner」を使用し、効率よくデータを削除します。

普段使っていない大容量のアプリやプログラムは容量不足の原因になりますので、優先してアンインストールするようにしましょう。

Windowsの場合はCCleaner

CCleaner PC Optimization and Cleaning Free Download

CCleaner – PC Optimization and Cleaning – Free Download

「CCleaner」は、Windows/Mac両方で使える無料クリーナーソフトです。不要なアプリ・プログラムのアンインストールはもちろん、OS・ブラウザのキャッシュ削除やデバイスのメンテナンスを行うことが出来ます。

とりあえずこれを使って不要なデータを削除してみましょう。

Macの場合は「AppCleaner」

AppCleaner

AppCleaner

Macの場合、アプリを削除したと思ったら関連ファイルが残っていたというのはよくある話。そんな時はこの無料のクリーナーアプリ「AppCleaner」を使いましょう。キャッシュ等関連するファイルも含めワンクリックで全て削除してくれます。

2. ファイル容量の大きいものを調べて手動で削除

クリーナーアプリで削除できなかったファイルは、手動で削除するしかありません。

まずはどのファイルの容量が大きいのかを調べる必要があります。Windowsであれば「DiskInfo」を、Macであれば「Finderの検索機能」を利用しましょう。

Windowsで容量の大きいファイルを調べる場合

DiskInfo ディスクの使用状況を表示する

「DiskInfo」という無料ソフトを使い調べる方法が一番簡単です。このソフトは、HDD内の容量の大きいファイルやフォルダを一覧表示してくれるので、楽に発見することが可能です。

Macで容量の大きいファイルを調べる場合

スクリーンショット 2016-08-30 19.08.38

「Finder」の検索機能を使い、容量の大きい順に並べ替えて容量の大きいファイルを調べる方法です。詳しくは以下のサイトにて解説されています。

超簡単!Mac内の容量の大きいファイルを検索する方法 | 男子ハック

次のページへ進む

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop