ソフトウェア

複数ある画像ファイルのリサイズ、リネーム、容量圧縮などの操作を一括で行えるMac用アプリ「iMage Tools」が超便利

0

大量の画像ファイルのリサイズ作業やリネーム作業が発生した時に、手動でやろうとするとかなり大変です。

Photoshopなど画像編集ソフトの自動スクリプトを使うのもひとつの手ですが、画像ファイル一つのリサイズ作業のためだけにわざわざPhotoshopを立ち上げるのも億劫ですよね。

そんな時に大変便利なアプリ「iMage Tools」をご紹介します。

このアプリひとつで、画像ファイルのリサイズ、リネーム、ウォーターマークの追加…など面倒な作業を一括で行うことが可能です。

iMage Toolsでできること

  • 画像ファイルのリサイズ(Resize)
  • 画像ファイルのリネーム(Rename)
  • 画像ファイルにウォーターマーク(透かし)を入れる(Watermark)
  • 画像ファイルに枠線を追加する(Stroke)
  • 画像を反射させる(Reflection)
  • 画像を角丸にする(Curve)
  • 画像に影をつける(Shadow)

アプリのダウンロード

App Storeから無料でダウンロード可能です。

imagetools_01

iMage Tools を Mac App Store でダウンロード

基本的な使い方

iMage Toolsを起動したら、ウィンドウ内に編集したい画像ファイルをドラッグアンドロップします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-18-38-16

すると、右側にiMage Toolsの編集項目が表示されます。
目的に応じた項目を選択しましょう。もちろん複数選択できます。

目的の項目を選択できたら、下部にある「START」ボタンを押しましょう。
画像の処理が行われ、指定したディレクトリに画像が書きだされます。

機能の一部をご紹介

よく利用する「画像のリサイズ」「画像のリネーム」機能をご紹介します。

画像のリサイズ

画像のリサイズは、

  • Fixed Width(縦横比を維持したまま、横幅だけ変更する)
  • Fixed Height(縦横比を維持したまま、縦幅だけ変更する)
  • Percentage(パーセント指定で変更する)
  • Fit to Rectangle(縦横比を維持せず、横幅・縦幅を変更する)

といった4つのオプションを設定することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-18-47-33

画像のリネーム

画像のリネームは、直接入力して指定するほか、様々なパターンをドラッグ&ドロップで組み合わせて設定することが可能です。

  • Name(元々のファイル名を挿入)
  • Number(連番を挿入)
  • Date Created(作成日を挿入)
  • Date Modified(変更日を挿入)

また、各パターンは「↓」方向の矢印をクリックすることでフォーマットを選択することも可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-18-48-11

その他の機能

その他の機能も同様に、直感的な操作で画像を編集することが出来ますのでお試しください。

面倒な作業を効率よくこなそう

画像のリサイズやリネームなどの作業的な部分は、やはりアプリに任せてしまったほうが楽です。なによりヒューマンエラーなどのミスを防ぐことも可能です。

数百枚の画像ファイルのリサイズ・リネーム作業に何時間もかけるなんて時間の無駄。
この「iMage Tools」を使ってスマートに終わらせましょう。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop