GLOSSY

WEBサービス

勝手にRTされるTwitterスパムなどが流行中。気を付けるポイントや解除方法まとめ

9

「今話題の○○がおススメ♪」みたいなつぶやきをRT(リツイート)するユーザーをよく見かますよね。だいたいこれらのRTはその人自身がRTした訳ではなく、「勝手にRTされていた」というもので、俗にいう「Twitterスパム」というものです。

今回は、Twitterスパムの解除方法や対策法などをお伝えします。

「Twitterスパム」とは?

spam01

こんな感じのRT、見たことありませんか?

これらのRTは、そのユーザーが自分の判断でRTしたわけではなく、勝手にRTされていたという場合がほとんどです。実際にそのツイートをしたアカウント情報を見てみても、明らかに不自然なツイート数やフォロワー数であることがわかります。

なぜ勝手にRTされてしまったのか?

Twitterで流れてくる怪しげなリンクを踏み、「Twitterと連携しますか?」と聞かれて許可してしまった覚えはありませんか?

Twitterには「アプリ連携」という、アプリとTwitterを連携させる機能があるのですが、悪質なアプリと連携を許可してしまうと勝手にフォローしたり勝手にRTしたりされるようになってしまいます。 怪しげなアプリで、アプリ連携の時に「アクセス権限」に「アクセス権 読み書き」などと書かれていたら要注意です。

スパムの解除方法

ひとまずRTを取り消し、歯車アイコンをクリックしてTwitterの設定を開きます。

spam02

左側のメニューから、「アプリ連携」の項目をクリックします。

spam03

現在連携しているアプリ一覧が表示されますので、身に覚えのないアプリの連携は許可を取り消します。

spam04

許可を取り消すと、そのアプリは再度連携を許可しない限り自分のTwitterを操作されることはありません。明らかに身に覚えのないアプリの連携や、胡散臭いアプリとの連携はすべて解除しておくことをお勧めします。

気を付けるポイント

とにかく、「○○が無料で手に入る!詳しくは以下のリンクをクリック!」などの誘導ツイートには注意するように。怪しいリンク先で「アプリとの連携を行ってください」と言われても、絶対にしないようにしましょう。

知らないうちにRTされていた、フォローしていた、DMを送っていた等のトラブルを避けるためにも、アプリ連携は安易に許可しないことが大切です。

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
タグ: ,
Pagetop