GLOSSY

ハードウェア

PS3コントローラー(DUALSHOCK3)をPCで認識させ、ゲームパッドとして使用する方法

9

通常、PS3コントローラー(DUALSHOCK3)をPCのUSBポートへ接続しても認識しません。
しかし有志の方が開発した専用ドライバーを使うことにより、PCでもPS3のコントローラーをゲームパッドとして認識させ、操作することが可能になります。

注意事項

  • 振動機能は動作しません。
  • USBケーブルでの接続が推奨されています。
  • 推奨動作環境はWindows7, 8です。
  • 導入に関しては、自己責任でお願いします。

配布サイト

ebiflynageruyoの詳細
http://blog.livedoor.jp/ebiflynageruyo/archives/38271889.html

ドライバーのダウンロード

PS3_SixAxis_Driver_v1.4.0.0.zip

導入手順

※配布サイト先に掲載されている文章を一部引用しています。

ダウンロードしたzipを解凍

「PS3_SixAxis_Driver_v1.4.0.0.zip」を任意の場所へ解凍します。

PS3コントローラーをUSBケーブルでPCと接続する

USBポートへPS3のコントローラーを接続します。

ドライバーの自動インストールを無視

Windowsがドライバーの自動インストールを試みますが、失敗します。
確認後、表示される画面等は全て閉じておきましょう。

ドライバーの手動インストール

デスクトップの「コンピュータ」アイコンを右クリックし、「管理」を選択します。

左側のエリアにある「デバイスマネージャ」をクリックすると右側にデバイス一覧が表示されるので、「ヒューマンインターフェイスデバイス」項目に「不明なデバイス」があることを確認してください。
※環境ごとに項目の位置が異なる場合があります。

「不明なデバイス」を右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を選択。

続けて「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択します。

file

「参照…」をクリックし、先ほど解凍したドライバーのフォルダを選択し、「サブフォルダーも検索する」にチェックを入れておきます。

インストール完了

あとは画面の指示に従い進めればインストール完了。

無事導入が成功していれば、先ほど「不明のデバイス」だった箇所が「PLAYSTAION(R)3 Controller」として認識されているはずです。

付属の別ドライバでコントローラーの詳細設定も可能

ありがたいことに、コントローラーの詳細設定(ボタン配置の変更、連射設定など)が行えるドライバーが同梱されています。

<ドライバの補足>
同梱されている「sixaxistool.exe」をドライバ導入後に実行することで、コントローラーの
様々なカスタムが可能。PC上で認識するボタン配置の変更や連射設定などがある。
カスタムされたドライバ設定を「プロファイル」として複数保存可能なので必要に応じて
使い分ければいい。設定方法は設定ツール(sixaxistool.exe)の画面を見れば分かると思う。
※sixaxistool.exeは単体で動くので任意のフォルダに移動可能
※sixaxistool.exeの起動直後は「タスクアイコン」表示なので注意

Windows10アップデート後、不具合が発生した場合の対応

Windows10へアップデートした際に動作がおかしくなる現象がいくつか報告されていました。

解決方法としては、「PS3コントローラーのリセットボタンを押す」、「ドライバーを再インストールする」などの手順で解決できるようです。一度お試しください。

使い慣れたコントローラーでPCゲームを楽しもう

以上、PS3のコントローラーをPCでも使う方法でした。「ゲームパッドはないけどPS3のコントローラーなら…」というときに活用してみてください。

やっぱり使い慣れたコントローラーでゲームをプレイするのが一番!

この記事が役に立ったと思ったらクリック!

「役に立った!」ボタンはサイト内ランキングに反映されます。

Profile
GLOSSY編集部
GLOSSY編集部

ライフハックマガジン GLOSSY [グロッシー] 編集部です。 知っておくとお得なITライフハック術、ガジェット・アプリケーションに関する情報を配信しています。

RECOMMEND
Tags
Pagetop